ネット総合病院の公式ホームページのご案内

ネット総合病院の公式ホームページでは、キャンペーンやセール中は通常価格よりも安い価格で海外のお薬を購入することができます。また、ご注文時に同じ商品をいくつかまとめていただくことによって商品割引が行われます。セールなどと併用してご利用になることができるので、ネット総合病院をご利用になれている方の多くが、セール中に買いだめをされるようです。

 

日本に在住の成人の方なら、どなたでもネット総合病院をご利用になって頂くことができます。また、日本ではまだ未入荷のお薬でもご注文が可能です。これは日本で定められている個人輸入のルールにのっとって運営されているので安心してご利用になることができます。

 

個人輸入の注意点

個人輸入で日本から注文することができる商品の条件は、成分が海外での流通が許可されていることがあります。アメリカ食品医療品局であるFDAが承認機関として認定されています。次に日本で使用が禁止されていないことが必要です。日本では大麻などの使用が禁止されていますが、海外では合法となっている国もあります。しかし個人輸入ではこのような商品は取引を行うことができないということになります。

 

ネット総合病院をご利用になることができるのは、日本に在住されている方ならどなたでもご利用になることができます。ホームページから欲しい商品を注文するだけで、海外からお薬が発送されます。インターネットが普及したことにより国をまたぐようなネット通販でも簡単に注文を行うことができるようになりました。

ご利用になる方

 

ネット総合病院をご利用になる方のほとんどの方がホームページからご注文されています。電話でも注文を行うことができますが、商品の間違いや支払い方法の確認などはメールなどでやり取りをしたほうが間違いは少ないことから利用されている方は少ないようです。たとえ電話でネット総合病院とやり取りをしても、商品に関する質問等は受け付けていません。商品を決定するのはホームページでも電話でも最終的にはご注文者自身の責任において行う必要があります。

 

ホームページでは商品を探し出しやすいように検索機能やカテゴリー分けなどを行割れています。ご注文者の少女にあわせてお薬がまとめられているので、その中から欲しい商品を探し出されるといいでしょう。また、主成分が分かっているのならその名称を検索してみると、同じカテゴリーでも価格がもっと安い商品が見つかるかもしれません。

 

ネット総合病院で注文した荷物が届くまで

ご注文いただいた荷物をお届けするまでには1週間から2週間のお時間をいただいています。その際に荷物がどのような状態になっているのかはネット総合病院のホームページから注文番号をご入力いただくことにより確認していただくことができます。荷物の輸送は郵便局に依頼しています。

 

また、国境を超える際には税関によって荷物のチェックがされることがあります。お荷物が医薬品なので、ご注文内容によってはチェックの際に荷物が開封されることがありますが、問題がないと判断されれば、そのまま荷物が届くように手配されます。しかし、門外があると判断された場合には、荷物がネット総合病院のほうに返送されます。

 

荷物のチェックで返送されることがある原因は、商品の注文数などあげられます。含まれている成分によっては一度に個人輸入ができる上限が定められています。もちろん、ネット総合病院ではそれ以上にご注文があった場合には、対応しているのでほとんどのお荷物は通関の際に問題になることはありません。

 

このようにネット総合病院では荷物が届くまでにもお客様が不安にならないように荷物の追跡を行うことができるようになっています。また、送料は注文1件に月700円の送料を負担いただいていますが、ご注文金額が7000円を超える場合には送料は無料となっています。

 

男性機能改善薬が処方されないケース

男性機能改善薬の処方には医師もある程度は慎重に結論を出します。興味本位の場合など、医師が敵どうでないと判断した場合は処方されることはありません。

 

処方できるのは勃起障害と診断された20歳以上の男性で、心臓などの禁忌症状がないことが条件です。

 

  1. 重篤な肝臓病の方、低血圧の方(とくに最大血圧が90oHg未満、
  2. 最小血圧が50oHg未満の方)高血圧の方(最大血圧が170oHg、
  3. 最小血圧が100oHg以上の人)、
  4. 脳血管に病気のある方、
  5. これまでに心筋梗塞を起こしたことがある方、
  6. 網膜色素変性症と診断された方

 

 

この条件に当てはまる方などには、副作用のリスクが大きくなりますので、男性機能改善薬は処方されません。他にも、陰茎硬化症など異常形状のペニスを持つ男性の場合、勃起すると痛みを伴う可能性が高いので、処方はできません。

 

その場合は男性機能改善薬を服用する前に、まず治療することが先決です。

 

以上の症状をお持ちの方には残念ながら、男性機能改善薬を処方することができませんので、ED治療にはほかの方法を試す必要があります。もちろん男性機能改善薬以外にもたくさんの勃起不全の治療法はありますので、心配しないでください。


健康のためが逆効果健康のためにと思って摂取しているものでも、実は体に悪いものがあります。たとえばサプリメントです。サプリメントに感じては効果があるかどうかは医学的に証拠があまりないのです。よほどの栄養...
ED治療薬で精力を取り戻す営業の仕事をしているものですが、私の部署はほとんどの社員がEDの症状を持っています。以前は飲みに行っても、そのあと風俗へというコースをたどることがあったのですが、実はお互いに...
このページの先頭へ戻る