健康のためが逆効果

健康のためが逆効果

 

健康のためにと思って摂取しているものでも、実は体に悪いものがあります。たとえばサプリメントです。

 

サプリメントに感じては効果があるかどうかは医学的に証拠があまりないのです。よほどの栄養失調状態でない限り、サプリメントの効果はないといっても過言ではないそうです。

 

しかもサプリメントの摂りすぎは体に毒ともなりかねません。 癌や心臓疾患のリスクが上がるそうです。これではせっかく健康のために行っていることも意味がなくなってしまいます。

 

ダイエット飲料やスポーツドリンク は腎臓機能を低下させることがあります。なぜならば人工甘味料のせいです。またインシュリン濃度があがるので、脂肪もつきやすくなってしまうのです。

 

これではダイエットをしても意味がありません。さらに糖尿病になるリスクが1.7倍もあるといわれています。健康のためにしていることが逆効果になっているのです。

 

歯の健康状態をチェックするには歯茎をチェックするのが早くわかりやすいです。初期症状として歯茎が赤いことです。健康な歯茎はピンク色です。

 

しかし、歯茎に炎症があると歯茎が赤くなります。歯磨きが不十分だと、歯垢がたまり細菌が増殖して炎症が起こるのです。これは歯肉炎で歯周病の初期段階です。歯茎が赤紫になると炎症が進んでいます。

 

骨や歯と骨が接合している繊維にまで炎症が見られる状態です。歯肉がぶよぶよになり歯磨きをすると出血や膿が出ます。黒く変色すると炎症、喫煙、メタルタトゥー、歯根の変色などさまざまな理由が考えられます。

 

このように歯茎の色で歯の健康状態が今どうなのか?ということを教えてくれます。熱心に歯磨きをする必要もありますが。

 

歯茎の状態もしっかりと確認するのも大事なことです。簡単に確認する方法があるので、ぜひ行いましょう。


このページの先頭へ戻る